消防設備の点検・工事

◆消防設備に関する点検・工事の料金 見直して見ませんか?

 

足柄防災では各企業様のお力になるべく消防用設備等に係る経費の軽減と安心と安全をご提案させて頂いております。

公共施設や民間企業様をはじめ、足柄防災では多数の点検・工事の実績がございますので、是非安心してご依頼ください!

お電話もしくはお問い合わせフォーム等からご連絡いただければ、弊社営業担当がすぐにお見積(無料)させて頂きます。

他社との比較も歓迎です!是非一度お見積をご検討ください!(すでに他社で消防設備の点検されている場合、点検票のコピーをメールまたはFAX、もしくは郵送等で頂ければ、すぐにお見積り(無料)を作成いたします)

 

 

◆いま設置されている古い消防設備は、本当に大丈夫ですか?

 

消防法では、特定の建物や機器に関しては、一定の交換時期が定められておりますが、法的には交換時期が定められておらず、故障するまでは使用できるものも多数あります。

しかし、日常使用する設備であれば故障したらすぐにわかりますが、いつ発生するかわからない火災時に万が一機器が正常に動作しなかったら…。

古い機器はすでに製造メーカーからの部品供給が不可能である場合がほとんどです。

そのため故障してからでは大規模な改修工事となってしまい、設備復旧までに長時間かかり、その間は建物全体の安全性が大きく損なわれてしまいます。足柄防災では、お客様のご要望・建物規模・費用に合わせた、計画的な機器更新をご提案させていただきます!

 

⇒お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 syoubou_seibishi_sprinkler.png

 

点検の大まかな流れ

 

1・お問い合わせ
2・現場確認・資料確認必要であれば、担当者が直接現場まで伺います)
3・見積書提出(お見積りは無料です)
4・契約
5・打ち合わせ(手順・日程・時間などを打合せます)
6・事前通知(必要があればチラシの配布など)
7・点検の実施
8・報告書の作成
9・不良の整備(実施後に不良が確認された場合)
10・消防提出(消防提出は1年もしくは3年に1回必要です)
11・次回実施月の前月にご連絡いたします(点検は6ヶ月に1回行われます)

 

job_sagyouin_tablet_man.png

 

工事の大まかな流れ

 

1・お問い合わせ
2・現場確認・資料確認必要であれば、担当者が直接現場まで伺います)
3・見積書提出(お見積りは無料です)
4・契約
5・打ち合わせ(お客様や消防と打ち合わせを行います)
6・着工届の作成(工事の前に消防に届出を行います)
7・工事の実施
8・設置届の作成(工事の後に消防に届出を行います)
9・消防検査(消防署の立会で設備の動作検査を行います)
10・消防署から検査済証が発行